東洋産機株式会社 東京都千代田区外神田2-3-9
TEL 03-3251-4221 FAX 03-3251-4223
E-mail info@toyosanki.co.jp 本文へジャンプ
役立つ情報・東洋産機(株)             E-mail:info@toyosanki.co.jp
 冷凍機が動いているのに 冷えが悪いということがありませんか?
コイルに氷が付いている場合があります。
冷凍機の電源を切って 氷を溶かしてください。庫内ファンの汚れ・排水のつまり・引戸の開放などの原因が考えられます。
溶けましたら電源を入れれば 設定温度まで下がります。
氷が付いていない場合は、ガス漏れなどの故障と思われます。修理を依頼してください。

  ショーケースの温度設定
気温が高くなってきましたが 設定温度が低いと、ガラスの外側に結露がでます。
また 冷却コイルが凍って冷えが悪くなりやすいです。
気温の変化とともに 設定温度も変えましょう。
10〜12゚Cくらいの温度で使用してみてください。
      (すこし温度を上げげてみてください。)
  冬の注意事項
  ショーケースの近くで ストーブを使用しないでください。
  温度差でガラスが割れることがあります。

  ご自身でできるメンテナンス
    冷凍機のお掃除
故障で一番多いのは冷凍機の汚れによる高圧カットです。普段から冷凍機のお掃除をしておくと   
それだけでも電気代は下がり、故障が少なくなります。
まずは動力ブレイカーを切ってください。
室外型の場合は後側を水で流してください。汚れた水がでなくなればOKです。
室内型の場合は熱交部(ラジエーターみたいなところ)をアミ戸用ブラシなどを使ってホコリを落としてください。
動力ブレイカーを入れると運転をはじめます。
    ショーケースのお掃除
ステンレス製のケース(ヘアライン)の場合 クレンザーで目にそって磨いてください。
クレンザーをふきあげるとピカピカになります。
    蛍光灯の交換
蛍光灯を交換した時はグロウもいっしょに交換しましょう。グロウが悪いとせっかく新しいものに交換しても寿命が短くなってしまいます。